1616 / Arita Japan TYプレート

1616 / Arita Japan TYプレート

大小2枚重ねて来客時に出してもいいですし、ごく普通のお惣菜の取り皿としても。存在感があるので何気なくフルーツなどを盛るだけでも溜息の出る仕上りです。

美しいけれど、それだけでは終わらない有田の和食器

何とも美しいお皿です。ブロガーさんが使われていたり、雑誌に掲載されていたり、よく見ていた器ですが「綺麗すぎて料理映えさせるのがちょっと大変かな・・・」という印象でした。しかもちょっと冷たい印象。近寄りがたい美少女、という雰囲気を出しているというか。

でも実際に手にとる機会があり使ってみると「庶民的な美少女」に変わりました。釉薬をかけていないマットな仕上がりが磁器のツルンとした光沢があるものと異なり渋い風合いです。

1616 / Arita Japan TYプレート

Page top