麦窯の藁灰釉鉢

麦窯の藁灰釉鉢

「○○を盛るために」というはっきりした用途はいえないけど抜群に使いやすい器です

何気ない料理もこの鉢なら映えます

粉ひきの白でもなく、灰釉薬の黄緑がかった色でもなく、ちょっとベージュ・グレーのような生地に、放射線状に濃い点々が入ります。縁はリムになっていてそこに切り込みが入りヒラヒラとした輪花になっています。何となく春を思わせる色合いです。

「名もなき家事」という言い方がありますが、料理も「名もない料理」がありませんか?ちょっと炒めたもの、和えたもの、混ぜたもの・・・。「今日の夕飯はなに?」と聞かれて「ハンバーグ!」のように料理名が即答できるものもありますが、毎日のご飯は結構「これとあれと昨日の残りを炒めなおして・・・」なんていう場合も多いし、まさにそれが美味しかったりそのご家庭独自の味でもあります。

麦窯の藁灰釉鉢

Page top