丹羽健一郎の高台小皿

小皿も高台になると特別感があります

この小皿、ちょっと不思議な形です。高台なんですが、ひっくり返すとまるで富士山のよう。噴火口のように中央がぱっくり開いています。サイズとしてはまさにお醤油皿くらいなんですが、この高さがあるので存在感があり、ちょっと特別な感じがします。

私も自宅で使っていますが、和菓子を置いたり酒肴をのせたり。また、ちょっとした残り物とか半端な量しかないおかずもこれで出すと格が上がるという便利な器です。

色も鮮やかだし高台ということでウチの食卓には関係ないな~という方も、この小さいサイズだからこそ是非お試しくださいね。きっと食卓の雰囲気が変わりますよ。

色は2色。「ときわ」はつるっとした手触りのややくすんだ緑。「七里」は海の七里ヶ浜から連想される綺麗な水色で、こちらはカサッとした手触りです。いずれも釉薬のかかり具合により色の出方は1客毎に異なります。光の当たり方によっても見方は異なります。これも器の楽しさとお考えいただけますと幸いです。

丹羽健一郎の高台小皿

丹羽健一郎

サイズ
重さ
95g

丹羽健一郎の高台小皿・七里

商品番号
1162
価格
1,620円(税込)
購入数

丹羽健一郎の高台小皿・トキワ

商品番号
1163
価格
1,620円(税込)
購入数
  • 同じデザインでも色み・風合い・大きさ・重さは一点毎に微妙に異なります。これも味わいとお考えくださいませ。
  • ご利用のブラウザーやモニターによって実際の色と多少異なることを、ご了承くださいませ。
  • お買い上げの前に必ずお読み下さいませ。【うつわのとり扱いについて
  • 各商品ページで「この器は電子レンジや食洗機のご使用は避けてください」と書いてある場合は使用できません。
    ない場合はレンジの場合は温め程度、食洗機は通常の使用の範囲内でお使いください。
    但し一部の窯元・作り手ではそれらの使用に耐えうるかのテストなどはしておりませんのでご了承くださいませ。

和菓子を

店主の写真

**店主の自宅で撮りました**

お茶を習っている長女が先生から頂いてきた練り切り。一見何の形かわからなかったけど、フキノトウだとか。言われて納得。春近し、です。抹茶ではないけど美味しく煎茶を頂きました。

金時豆を煮ました

自宅の写真

**店主の写真です**

初釜のお土産に頂いた笹巻きすしと和菓子と私が炊いた金時豆。妙な組み合わせですが。笹巻きすしは 湯島の笹巻きすし本舗ゆしま扇 のもの。こういうお寿司に目がない次女は大喜び。 長女はお茶を始めてまだ数ヶ月にも関わらず、若いというだけでおばさま方に可愛がってもらい、お運びさんもさせてもらったそうです。 金時豆は前回は崩れ気味でしたが今回はまあまあ。圧力鍋も使いましたが、のんびりと炊くのがやはり良いのかも。

10,000円(税別)以上お買上げで送料無料

丹羽健一郎の高台小皿

丹羽健一郎の高台小皿・七里

商品番号
1162
価格
1,620円(税込)
購入数

丹羽健一郎の高台小皿・トキワ

商品番号
1163
価格
1,620円(税込)
購入数
Page top